エリアの最近のブログ記事

東京はリサイクルショップが最も多く、また競争も高い激戦地区であるのは間違いありません。

 

特に最近は3月11日の地震の関係で特需があるように聞いています。

 

たとえば東京エリアで規模が大きいリサイクルショップとしては、トレジャーファクトリーがあります。

東京エリアが18店舗。一般的な総合リサイクルショップが11店舗、古着を主に販売するトレジャースタイルが7店舗になります。

基本的なリサイクルショップが多いエリアの特徴として、トレジャーファクトリーがあるエリアというものが上げられます。

 

一度トレジャーファクトリーの店舗に行かれたかたはわかるかもしれませんが、中古のお店といったイメージはありません。

結局のところ、トレジャーファクトリーが顧客を創造して、他のリサイクルショップが相乗りをしているような展開になっています。

 

一方でびっくりするくらい、冷蔵庫、洗濯機などの商品は高いです。

※新品よりほんのちょっと安いというくらい。

 

当たり前の話ですが、中国や台湾製の新品と比較してほとんど変わらないくらいの水準だということです。

 

日本製の冷蔵庫・洗濯機にとって、ライバルになるのは中国製の冷蔵庫・洗濯機。

 

皆さんはどちらを買われますか?

 

本日たまたま福岡に出張に来ているので、福岡について。

 

福岡はリサイクルショップというよりは、質屋さんが多いです。

 

以前札幌に行ったことがあるのですが、札幌と比較すればリサイクルショップは非常に少ないエリアと言うことができます。

 

一般的にライバルが少ないということは、競争が少ないということになりますが、リサイクルショップの認知がされていないエリアでの出店は、非常にリスクがあります。

 

また、地方には一般的な都心で有名な店舗(飲食他)が人気がない傾向もあるので、地方に合ったお店の形態を模索するのにも苦労しそうです。

 

福岡自体は非常に魅力のある土地であり、この土地にもリサイクルショップの文化を栄えさせたいと思っています。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちエリアカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはECモールです。

次のカテゴリはライバルサイトです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。