[リタウン]で、不用品をリサイクル店へ
買取・リサイクルの依頼ができます。

> > > 【高額買取にする方法】冷蔵庫の買取ショップランキング!
2020/08/6

【高額買取にする方法】冷蔵庫の買取ショップランキング!

Contents

冷蔵庫をできるだけ高く売りたい、どうすればいい!?

こんにちは!リタウン運営スタッフです!

今回は冷蔵庫について
・どこで売れば良いのか?
・どうすればより高値で買い取ってもらえるのか?

ということについてご紹介したいと思います!

転居の際の買い替えや、自炊が増えて容量が足りなくなったので大きく買い替えたいなど
今は冷蔵庫の買い替えがブームになっています!

フリマアプリを使う場合は、冷蔵庫が大きすぎてそもそも発送するのが困難だったり、送料が高く着いたりしてしまいます。
またすぐに現金に換えられない点もありますよね。
時間が余っている人なら良いですが、仕事が終わって疲れているのに・もしくは折角の休日に発送の手配や、梱包してとなるのは本末転倒です。

そしてサービスの手数料がメルカリなら10%、ヤフオクなら8.8%~10%もかかり
高い送料、梱包材、何より時間がかかります。

細々やってお金にしたつもりでも、手数料や送料を差し引くと大した儲けもなく
貴重な空き時間や、逆にその時間で働いたほうが稼げる場合が多いです。

というわけで、今回は買い取りショップにサクッと売ってしまう方法についてまとめます!

その前に…冷蔵庫を売るときの基本!

冷蔵庫を売る前に
・知っておくべきこと
・チェックすべきこと
・やっておくべきこと
をまとめましたのでまずこれを確認しましょう!

その1:冷蔵庫の情報(メーカー、型番、製造年)の確認

冷蔵庫を買ったときは色々調べて悩んだかもしれません。電器屋さんでやたら詳しい店員さんに教えてもらって熟慮して決めたことでしょう。
でも…もう覚えてないですよね?

流石にメーカーはロゴがあるのでちょっと見ればわかりますが、いつ買ったかも結構曖昧ですよね?

ただ、メーカーや型番(モデル)や製造年の確認は必須なので調べましょう。
「そんなこと言っても、保証書とか説明書、探さなきゃ!」と心配かもしれませんが大丈夫。

冷蔵庫の引き出しではなく、ドアを開けてみましょう。大抵は右側のドアの内側にシールが貼ってあるはずです。
メーカー名や2016年製などの製造年、型番号(大文字のアルファベットと数字の組み合わせ)をメモしておきましょう!
これがわかれば、リサイクルショップも買取できるか、いくら位か?などの簡単な判断が可能になります。

 

その2:製造から5年以内!

古いものが買取価格が下がるのは冷蔵庫も一緒ですが、冷蔵庫に一般的に買取価格がつくのは5年以内のものだけです。
業者によっては古いものでも買い取ってくれたり、モデルによっては買ってくれることもあるようですので、一度確認してみましょう。
ただし、買い取れないと言われて、出張費や改修費を逆に請求されてしまわないように注意をしましょう。

もし古くて買い取ってもらえない場合は、

廃品回収業者に回収してもらう(無料もあるが有料が多い)
行政の粗大ごみに出す(有料)
ビックカメラなど、家電量販店で新品を購入する際に無料で引き取ってもらう

などの方法があります。
家電量販店に引き取って貰う場合は新品の買い替えが条件になってしまいますが、場合によっては割引してもらえることもあります。

 

その3:状態の確認(変色や外観破損・汚れなど)

毎日触ったり物の出し入れ、特に食品を扱うものなので汚れやすく壊れたりすることも多いです。
一度庫内も含め外観も確認してみましょう。

よほど古いものでなければ変色や色あせなどは無いと思いますが、食品による着色やサビなどはありえます。
新しい冷蔵庫はどんどん清掃しやすい素材になっているので、掃除すればきれいになるとは思いますが確認しましょう。

またプラスチックでできている棚や仕切り、卵ケースや製氷皿などは落としたり無理に詰め込んだときなどに
割れたり破損している場合があります。

外側も、物をぶつけてへこんでしまったり傷つけてしまっているケースがあります。
磁石など硬いもののスリキズも見てみましょう。

 

その4:故障はないか?(庫内灯が点灯する・全ての庫内が冷える)

製造5年以内でこういった故障は考えにくいですが…
庫内灯が点灯するか、きちんと庫内が冷えているかどうかといった正常に稼働しているかを確認しましょう。

 

その5:付属品が揃っているか?(保証書や説明書、卵ケースや製氷皿、仕切り、冷蔵庫の下のカバーなど)

保証書や説明書などの書類、卵ケースや製氷皿、仕切りや棚などのパーツ、正面の一番下部、外側につけるカバーなど
最初からついてきたものが全てあるか確認しましょう。

説明書があればパーツ一式の記載がありますが、なければネットで型番で検索し、メーカーサイトから説明書を確認して一式あるか確認してください。

 

その6:掃除・清掃をする

当たり前ですがきれいな方が高く買い取ってもらえますので、なるべくきれいにして査定してもらいましょう。
外側もそうですが、意外と中にもホコリや汚れがたまっています。

またよく触る取っ手や、ドア部、液体をこぼしたりして隙間など以外な部分が汚れていたりします。
庫内も変色していない限りは食品汚れなので重曹などを使えばきれいになります。

プラスチックの間仕切り棚や引き出しなど、大きなパーツは壊さないように優しく外して、風呂場などで洗うと楽です。

 

その7:他のものと一緒に売る

冷蔵庫は大きいのでとても店頭持ち込みの買取依頼などは難しく、基本的には業者に出張してきてもらっての買い取りになります。
その際、冷蔵庫だけの一点よりも、他にも売れるものがあればまとめて高く買い取ってくれることがあります。

家電に限らず、大型の家具や不用品なども買い取ってもらえないかこの際に確認してみましょう。

 

その8:買い替えの時期を考える

今はコロナの影響で時期関係なく、冷蔵庫の売れ行きが伸びています。
自炊が増えて食材を買い込むようになって冷蔵庫が手狭になり、大型のものに買い換えるようになったのが原因です。

ただ、通常は

  1. 引っ越しなどの3月の時期
  2. 冷蔵庫が壊れやすい夏場

がよく売れますので、その時期やそれよりも前に査定してもらうのがオススメです。
(3月は逆に手放す人も増えるので、買取価格が下がる可能性もあります。)

 

買取の相場はどれくらい?目安をご紹介!

なかなか相場がわからないと、わからないのを良いことに業者に出された見積もりそのままで売却してしまう可能性がありますよね?
各社メールのみで見積もりしてくれることもありますし、リタウンの一括見積りで大体の相場を確認して見るのも手です。

ただ、以下にザックリとしたものを紹介します。

もちろん、買取価格は実際の状態や、メーカー・モデルなどによって変わりますが
大きく基準になるのは年数と容量(サイズ)です。

サイズについて

大体のイメージですがこんな漢字です。

  1. 100リットル~200リットル→1人用
  2. 200リットル~300リットル→2人用
  3. 300リットル~450リットル→2~3人用
  4. 450リットル~550リットル以上→4~5人用、ファミリーサイズ

このサイズと1~5年の経過で組み合わせて大体の相場を見ていきます。

①の場合

元の値段が安いので経年での差がつきにくく、3,000円~7,000円くらいです。

②の場合

5000円~15,000円くらいです。

③の場合は

10,000円~50,000円くらい

④の場合

10,000円~70,000円くらい

大型のものは新品価格が高く中古需要が高いため、比較的高値で買い取ってくれることが多いです。
また5年以上経過した多少古いものでも買い取ってくれることがありますので確認してみましょう。

 

実際の買取の流れ

オススメの買取ショップは後述していきますが、まずは実際に出張買取がどのような流れで行われるか見ていきましょう。

①まずは店舗にWEBや電話連絡

家から近い店舗に電話で連絡をします。会社によってはWEBからメールやフォームで依頼します。
その際は出張や査定が無料である店舗を選ぶようにしてください。万一査定額に納得が行かない場合でも、無料で行ってくれるお店です。
冷蔵庫であれば、よほど状態異常が無い限りは、メーカー・型番や年数、付属品や状態をそのときに口頭で伝えるだけで大体の目安を教えてくれるはずです。

その時点で納得が行かなければ、他の会社にしても良いでしょう。

都合の良い訪問日時を設定し、準備しておきましょう。
買い取ってもらう際に必要な、本人確認書類など用意しておき、買い取ってもらうものは清掃しておきましょう。
冷蔵庫など電気製品の場合は、実際に故障なく稼働するかも確認しますので、コンセントが使える場所においておきましょう。
(すぐに冷えないものでもあるので、査定の数時間前から通電してもらうようにお願いしているショップもありますので、事前に確認しましょう。)

また、自分で移動させてケガや破損をさせたら大変ですのであまり無理に移動させないほうが無難です。
すでに新しいものを購入しており、スペース的に厳しい場合は、上記に気をつけて移動させてください。

②訪問・査定

当日、専門のスタッフが自宅を訪問します。
外観や破損・汚損度合いを確認し、また実際に通電して故障が無いかなども確認します。
可能であればそういった確認がしやすい状態にしておいてください。ただし無理な移動などが伴う場合は、当日にスタッフにやってもらったほうが良いでしょう。

その場で査定をしてもらいます。
きちんと紙で書いたものを出してくれるので、それに目を通して納得が行くかどうか落ち着いて確認しましょう。

リサイクルショップに対する苦情や口コミで多いものの大半が、買取価格に納得が行かないことに対するコメントです。
嫌な思いをしないためにも、わからないことなどがあればスタッフに聞いて納得した上で承諾しましょう!

③支払い

査定額を了承してもらった場合は、その場で現金を受け取れます。
すぐに現金が手に入るのは安心ですし助かりますね。

 

買い取り業者を選ぶポイント!

さて、実際に買い取り業者を選ぶ際に気をつけるべき点をご紹介します!
オススメショップ以外でも気になるところがある場合は、下記の点に気をつけてチェックしてみてください。

①出張買い取り・査定が無料

安心して行ってもらうためにも、これが大前提です。
加えて言えば、住所がそのお店の対応地域内になっているか?というところも大切です。
気になるお店でも住所が対応地域外の場合は、無料ではなかったり、対応してくれないこともあります。

②即日や翌日の対応が可能かどうか

冷蔵庫の場合は、大抵の場合が
買い替えの場合は新しいものをすでに買っているか、退去する場合はギリギリまで使っていると思います。
そのため、出張買取・査定はできればその日のうちか、翌日には行ってほしいものですよね。
すぐに対応してもらえるかどうかも確認してみましょう。

③そのお店のメインの取扱品か?

家電買い取りOK!と謳っていても、実際にその店舗でほとんど家電の扱いがない場合もあります。
そういったお店は商品の回転も悪く、また相場にも鈍感なのであまり高値で買ってくれない可能性があります。

できれば家電OKでも店内が冷蔵庫メインになっているようなショップを選ぶのがベストでしょう。
餅は餅屋、得意なお店に任せるのがスムーズで安心です。

④最悪の場合でも無料引き取りしてくれるお店

5年を経過しているもの(特にかなり古いものなど)や、その他廃棄しようと思っていたものなども、もし値段がつかなくても無料で引き取ってくれる場合があります。
行政での廃棄や廃品回収だと有料になるケースが多いですので、冷蔵庫が買い取り対象外の可能性がある場合はこういった対応をしている店だと助かります。

ただし、リサイクルショップは古物商の資格でできますが、無料の引き取りや廃品回収は産廃運搬の免許が必要になりますので
どちらも対応できるショップは少ないです。

 

冷蔵庫の買い取り業者ベスト5!

おすすめするベスト5の冷蔵庫買取業者です。
全国的な対応力をみて、上位は全国展開している会社になっています。
もし、前述した4条件に当てはまる、高価買取してくれる地元のショップがあればそちらでも良いでしょう。

第1位:オフハウス(ハードオフグループ)

知らない人はいないであろう、ブックオフやハードオフなど、全国展開しているリサイクルショップ大手です。
家電の買取についてはオフハウスが担当します。

電話予約にて買い取り日時の予約ができますが、即日買取は対応していないようです。

5年以上使用しているものでも買い取ってくれる可能性があります。
たくさんの店舗がありますので、どの店舗の対応地域か確認しましょう。

 

第2位:トレジャーファクトリー

こちらも広い地域で展開している大手のリサイクルショップです。
最大の特徴はなんと言っても、10年以内の古い冷蔵庫も買い取り対象としているところです。

3ドア以上の冷蔵庫は大型の扱いになり、10年以内が対象
2ドア以下の冷蔵庫は小型の扱いになり、7年以内が対象です。

大型の冷蔵庫の場合は1点から無料で出張買い取りを行ってくれますが
トレジャーファクトリーは取り扱いのジャンルが多いので、大型家具やその他不用品があるのであれば一緒に査定してもらいましょう。

 

 

第3位:セカンドストリート

こちらも全国展開している大手のリサイクルショップです。
出張買い取りに対応しているのは家電と家具のみ。

買い取り依頼は店舗への電話で対応しています。
買取の実績をみると、多少5年より古くても買い取りしてくれるようで、5年程度の古いものでも相場以上の値段で買い取ってくれているように思います。
値段のつけられないものでも無料回収してくれる場合があるようなので、事前に電話で確認してみましょう。

 

 

第4位:もぐランド

ほぼ東京のみの展開で、こんなかわいいイラストのお店ですが家電の中でも冷蔵庫と洗濯機がメインの取り扱いになっています。
実際に店舗に行ってみればかなりの比重が冷蔵庫と洗濯機に割かれており、売約済みになっている商品も多いですので、回転率が高いことも伺えます。

売れるのであれば高値で買い取ってくれますので、検討してみるショップの一つと言えます。

 

 

第5位:家電王

東京・埼玉・神奈川に展開している家電専門のリサイクルショップです。
5年以内のみの買取にはなりますが、家電を専門としている強みがあります。

こちらも1点から買取の対応をしてくれています。

 

まとめ

いかがでしたか?

自分でチェックすべき冷蔵庫のポイント
そしてリサイクルショップのポイントは以上でした。

冷蔵庫などの家電は年数と型番、簡単な状態で目安が立てやすいのでいろいろなお店を比較してみましょう。

ライター

Recycle-Editor02

おすすめ記事

人気の記事

カテゴリー