[リタウン]で、不用品をリサイクル店へ
買取・リサイクルの依頼ができます。

> > > リサイクルショップ・買取専門店のフランチャイズ(FC)徹底比較
2021/02/28

リサイクルショップ・買取専門店のフランチャイズ(FC)徹底比較

こんにちはリタウンブログ責任者です。

最近リサイクルショップ(リユース)の業界の中でも、特に買取専門店の店舗数が急速に伸びています。

その店舗数が増加している原因が、フランチャイズ(FC)による出店が増加しているからです。

今日は、そのリユース業界(リサイクルショップ・買取専門店)のフランチャイズ契約について、徹底的に調査してみました。

まずは業界で100店舗以上店舗を保有するリサイクルショップ・買取専門店を中心に調査し、今後随時もっと店舗数が少ないところも追加していく予定です。

リサイクルショップ・買取専門店のフランチャイズ(FC)徹底比較

フランチャイズ(FC)契約とは

一方が自己の商号・商標などを使用する権利、自己の開発した商品(サービスを含む)を提供する権利、営業上のノウハウなど(これらを総称してフランチャイズパッケージと呼ぶ)を提供し、これにより自己と同一のイメージ(ブランド)で営業を行わせ、他方が、これに対して対価(ロイヤルティー)を支払う約束によって成り立つ事業契約である。

Wikiより抜粋

リユース業界(リサイクルショップ・買取専門店)のフランチャイズ(FC)契約の特徴

加盟金が100‐200万円と比較的リーズナブルな金額で加盟できる買取専門店(おたからや、大吉)があり、急速に店舗数を拡大している。一方以前からハードオフグループでは、さまざまな業態でフランチャイズ(FC)を募集しており、全国的に「ハードオフ」「モードオフ」「オフハウス」などの業態で出店をしている状況です。総合リサイクルショップでは、リサイクルマートが同様に全国展開(FCにて)しています。※出店費用については、想定として200万円~2000万円程度から開始できると考えられますが、運転資金などを考慮すると最低500万円程度の資金はないと、仕入れ資金や広告宣伝費が不足する可能性があり、注意が必要です。

月額のフランチャイズフィーについては、月額固定と売上に応じたパーセンテージで支払わなければいけないパターンがある。一般的には店舗型でのフランチャイズ契約となるため、商圏が別の店舗と被らないように、マーケティング上影響がない範囲で出店への制限が決められている。

コロナ下でのリサイクルショップ・買取専門店のフランチャイズ(FC)契約の注意点

都心かつ大型店舗がコロナ下で売上不振に陥っている状況。業態でいくと、医療品、ブランド品が苦戦をしている一方で、貴金属、家具家電などの生活用品全般、DIYブームにより工具買取の専門店が急速に店舗数を拡大しています。昨今では、お酒の買取は別免許となるものの、同じく業績拡大傾向になり今後注目される可能性が高いです。「ハードオフグループ」では、「リカーオフ」のブランド名で「お酒買取」のフランチャイズ(FC)展開もしています。

その他、フランチャイズのビジネスは昔から詐欺まがいのものが多く、あまり有名でないブランド(会社名、店舗名)よりもすでに店舗数が多い業態のフランチャイズを選択したほうが無難です。すでに店舗数が多い=成功している、という考えてもいい一方で、店舗数が増加しすぎると各店舗間での競争が激化し飽和状態になるリスクもあり、その点も注意が必要です。

(おすすめ)加盟金100万円~「おたからや」のフランチャイズ(FC)契約

直営店と合わせて900店舗以上もの店舗を出店しており、買取専門店で店舗数No.1のおたからやですが、加盟金100万円~で、加盟金300万円のプランへの柔軟に契約変更できることで、出店数を急速に伸ばしています。

こちら実質100万円からで開始できるダイヤモンドプラン。

こちらのシルバープランにダイヤモンドプランから変更すると、月額費用が20万円減ることになり、まずはダイヤモンドプランから開始する人がほとんどで、収益化の目途が立った時点でこのシルバープランへ柔軟に変更が出来るそうです。

こちら2店舗、3店舗出店する際にさらにシルバープランより変更となるゴールドプラン。

この3種類のプランにより、実際に1店舗から開始して、最終的に複数店舗運営されているフランチャイズのオーナーさんも多いようです。

(おすすめ)加盟金200万円~買取専門店大吉のフランチャイズ(FC)契約

こちらは買取専門店「大吉」のフランチャイズ契約です。

加盟金が200万円から以外の内容はウェブサイトには公表されていませんので、詳細は分かりませんが出店戦略などから「おたからや」に非常に似ている印象があります。

「おたからや」が100万円~のダイヤモンドプランを作成したのも、この大吉対策なのかもしれませんね。

(おすすめ)キングラムのフランチャイズ(FC)

買取専門店として、店舗数を伸ばしているキングラムは、「おたからや」と同じくらいフランチャイズ契約について情報をウェブサイトに掲載しています。

初期費用を抑えて出店できるのは、「おたからや」や「大吉」と非常に似ているビジネスモデルです。

月間売上600万円、買取400万円、粗利益200万円。販管費を考慮し月間営業利益89万円は非常に現実的な目標だと思われます。

(おすすめ)工具買取王国の工具買取専門店のフランチャイズ(FC)

愛知県を中心に、おもちゃ・ブランド品などのリサイクルショップを運営する買取王国が、工具買取の専門店として「工具買取王国」のフランチャイズを展開しています。

上場会社が提案するFC(フランチャイズ)として、またやや規模がある工具買取専門店としてのフランチャイズとしては、そこまで高くありません。

あくまでモデルケースとはいえ、3‐4年で投資金額の回収ができるのは投資サイドとしてはありがたいです。

なんといっても、DIYブームなどにより、アイリスオーヤマなどが運営するホームセンターが好調で、こうした工具買取の専門店も今後成長が期待でき、母体の買取王国のおひざ元の愛知県、岐阜県、三重県以外のエリアであれば、フランチャイズを検討していてもいいのではないでしょうか。

(おすすめ)ハードオフグループのフランチャイズ(FC)

比較的資金的に余裕がある方にぜひおすすめしたいのが、「ハードオフグループ」のフランチャイズ(FC)契約です。

単独・複業態店舗タイプ例

ハードオフ・ブックオフ複合タイプ

ハードオフ・オフハウス複合タイプ

ガレージオフ単独タイプ

ホビーオフ単独タイプ

ハードオフ単独タイプ

オフハウス単独タイプ

ハードオフ・オフハウス・ホビーオフ複合タイプ

モードオフ・ブックオフ複合タイプ
(駅ビル内店舗)

ハードオフ・オフハウス・
ブックオフ複合タイプ
(他業種との複合施設)

モードオフ単独タイプ(ビルイン店舗)

リカーオフ単独タイプ

上記のようにさまざまな業態の出店タイプを検討できますので、例えばコロナで「工具買取専門店」は流行っているからということで、「ハードオフ」の形態を選択も出来ますし、「ハードオフ」「ホビーオフ」の複合店舗なども選択できるのがハードオフグループならではなのでないでしょうか。「リカーオフ」などのお酒買取の業態のフランチャイズも比較的新しい業態なので、今後の成長が期待できます。

(おすすめ)買取ドットコムのWEBフランチャイズ

とにかく最小の資金の開業したい、そうした方に一番おすすめしたいのが「買取ドットコム」のWEBフランチャイズです。

初期費用、加盟金が一切ゼロからスタートできるだけでなく、月額費用も現在はお試し期間中で3か月は無料から利用できます。

ただし、研修やノウハウの提供はしていませんので、すでにリサイクルショップ(家具、家電)などの経験がある方、不用品の回収ビジネスなど周辺分野の開業、経験がある方にのみおすすめできるフランチャイズです。

買取ドットコムのWEBフランチャイズ(FC)

銀座パリスのフランチャイズ

金・プラチナを中心とした貴金属の買取専門店を展開する「銀座パリス」ですが、他のライバル店と同じようにフランチャイズにて店舗を展開しています。

「まずまず」おススメな内容なのですが、上記おすすめとして紹介している「おたからや」「買取専門店大吉」「キングラム」と比較すると、やや割高に感じます。

リセラーといって、正式な契約をしない業務提携のような形態があるのは魅力的なので、自社ブランドにて展開したい方は資料請求をしてみてもいいのではないでしょうか。

本当に加盟金ゼロ?大黒屋FC

加盟金ゼロを大々的に歌っているのが、オレンジの看板が目印の大黒屋です。

うまい話には裏があるというが、、、

契約期間は5年間、契約後のプラン変更不可の文字が。

実際に研修費用2名分で加盟金100万円としているので、加盟金としては「おたからや」と同じ金額になりますが、5年間の囚人契約はきついですね。

法人限定かつ1階限定のエコリング

エコリングについても、ウェブサイトでの詳細な加盟金などの情報はありません。

ただし、物件募集について非常にこだわりのある内容を見つけましたので、掲載します。

総合買取リサイクル店
可能階数 1階のみ
坪数目安 10坪~25坪前後
家賃 相談
出店候補地
  • 全国対応 ・乗降客数の多い駅
  • 駅周辺
  • 駅から離れていても検討可能(駅から離れた住宅地の表通り)

※基本は人通りの多いところ
※人口、世帯数の多い地域
※ショッピングセンターも検討可能

1階かつ物件の大きなも10‐25坪と限定しているのは、エコリングならではのこだわりですね。

総合リサイクルショップのフランチャイズ「リサイクルマート」

こちら総合リサイクルショップで店舗数200店舗以上を有する、リサイクルマートのフランチャイズです。

こちらも昨今は買取専門「リサイクルマート」としても出店も多くしており、ウェブサイトでは加盟金などの情報はオープンになっていません。

かんてい局のフランチャイズ契約(リサイクルマートグループ)

やはり買取専門店の店舗数が増えているからなのか、リサイクルマートが今最も力を入れているフランチャイズ契約が「かんてい局」です。

出店の規模に応じて開業資金が見れるのは分かりやすいのですが、10坪までの店舗で開業資金2,480万円は高いですね。一体加盟金はいくらなのかと思ってしまいます。

総合リサイクルショップ「良品買館」のフランチャイズ(FC)

関西エリアを中心に総合リサイクルショップ「良品買館」を展開している良品買館は、フランチャイズ(FC)を募集しています。

ウェブサイトを見る限りで情報が限定されているため、おススメにはしませんでした。総合リサイクルショップのジャンルはコロナ下で健闘をしているようですが、ハードオフグループの複合店舗と比較すると弱いのではと率直に思います。

衣料品のリサイクルショップ「キングファミリー」のフランチャイズ

衣料品のリサイクルショップ「キングファミリー」は、かなり以前からフランチャイズにて展開していて、現時点でもかなり多くの出店を誇っています。

衣料品というジャンルが「コロナ」下では事業として下火なのに加えて、1店舗あたりの出店が2000万円程度の初期費用がかかることから現時点ではあまりおススメできるフランチャイズとは言えません。

100坪程度の比較的規模が大きな店舗とはいえ、新規開業で目指される方には不向きな業態と言えます。

リサイクルショップ・買取専門店のフランチャイズ徹底研究(まとめ)

現在内容は見た限りでは、買取専門店としてのフランチャイズ契約を検討するなら、

おたからや
大吉
キングラム
工具買取王国
ハードオフグループ
買取ドットコム

この6社から選定をすべきだと思います。

それぞれが出店戦略が違うのと、すでに出店を希望しているエリアなどで重複する店舗があるかどうかなど、十分に確認をしたうえで6社から1社を選定するのがいいのではないでしょうか。

随時情報追加していますので。

ライター

ブログ管理者

リタウンブログ運営管理者。リサイクルショップ開業、リサイクルショップ運営のノウハウを随時執筆します。

おすすめ記事

人気の記事

カテゴリー