2020/09/17

末長三丁目の中古マンション「ライオンズマンション武蔵新城第2」

こんにちはRETOWN.NET不動産担当です。

大京が開発分譲した「ライオンズマンション」ブランドのマンションを、最近よくみかけます。

後で詳しく書きますが、大京は旧三和銀行系列の不動産会社で、その系列に近いオリックスが最終的にスポンサーになって、今はオリックスの子会社になっています。

まずは今回紹介する末長と末長三丁目について地図を見ながら、場所を説明します。

こちらの地図で分かるように、末長は東急田園都市線の梶ヶ谷駅とJR南武線の武蔵新城駅を、東西で横断するような広いエリアです。

その末長の中で末長三丁目は、第三京浜近くの南部沿線道路南側のKANTOモータースクールがあるエリアです。

この近辺は非常に閑静な住宅街なので、住居環境としてはおススメできるエリアです。

ライオンズマンション武蔵新城第2の特徴

おなじみライオンズマンション独特の旧来のデザイン色を採用しています。

ライオンズマンション特有のフォントを使用したサイン。

第三京浜からも距離がありますし、非常に静かなエリアです。

所在地
神奈川県 川崎市高津区 末長
交通
南武線 「武蔵新城」駅 徒歩12分
総戸数
57戸
建物構造
RC
階数
地上6階
築年月
1990年11月
施主
大京
施工
浅沼組

1990年築だと30年選手ですね。

物件によってはかなりガタが来ている可能性もあるので、よくよくチェックしたほうがよさそうです。

開発分譲会社株式会社大京の会社概要

名称 株式会社大京(英文名:DAIKYO INCORPORATED)
創業 1960年(昭和35年)7月1日(株式会社大京商事設立)
設立 1964年(昭和39年)12月11日
事業内容 不動産開発、不動産販売、都市開発
主要取引銀行 株式会社三菱UFJ銀行
株式会社みずほ銀行
三井住友信託銀行株式会社
主な加盟団体 一般社団法人不動産協会
公益社団法人首都圏不動産公正取引協議会
主な許認可番号 宅地建物取引業/国土交通大臣(14)第792号
建設業/国土交通大臣許可(特-28)第4238号
不動産特定共同事業/金融庁長官・国土交通大臣第18号
一級建築士事務所/本社:東京都知事登録18268号

会社概要だけ見ると、会社の規模が分かる情報など全くありませんね。

2000年以上オリックスの影響力が高まり、数年前にオリックスが株式を全株取得し、完全子会社にした経緯があります。

2000年~

2001 2000-2001住宅性能評価書交付
当社独自の品質性能書を作成するなど、品質第一を掲げており、「住宅性能表示制度」実施時には、マンション業界第1号の「建設住宅性能評価書」を取得。
2000-2001住宅性能評価書交付
2002 環境共生住宅認定
民間マンション初の「環境共生住宅(団地供給型)」の認定取得。
環境共生住宅認定
2004 マンション管理受託戸数が30万戸突破
業界で初めてマンション管理受託戸数が30万戸突破。
2005 オリックス株式会社との資本提携
2007 累計6,000棟記念プロジェクト発売
40年に及ぶ当社ライオンズマンションシリーズの集大成となる累計6,000棟記念プロジェクトを発売。
累計6,000棟記念プロジェクト発売
2009 ビル管理事業開始
ビル、マンション管理を行う「オリックス・ファシリティーズ」の全株式を取得。ストック事業業容拡大を図る。
2011 マンション管理受託戸数が業界初40万戸突破
マンション総合管理受託組合数・戸数が7,299組合、400,845戸(2011年3月末)となり、マンション業界で初めて40万戸を突破。
2013 不動産サービス事業に向けた業容拡大
新築マンション建設・分譲をはじめ不動産に係る総合的なサービスを展開する穴吹工務店がグループ入り。
マンション管理受託戸数が業界初50万戸突破
穴吹コミュニティがグループ入りを果たしたことにより、グループ全体のマンション管理受託戸数が業界初の50万戸を突破。
マンション供給累計8,000棟達成
グループでマンションの累計供給が8,000棟突破。
2014 工事専門会社始動
マンション管理受託会社である、大京アステージからマンションの共有部改修工事を分社化し、「大京建設(現大京穴吹建設)」を設立。
工事専門会社始動
現地法人大京香港営業開始
2015 修繕事業業容拡大
修繕工事施工会社である「秀建」がグループ入り。
2018 介護事業会社設立
穴吹工務店と、有限会社ケア・ステーションが、介護事業を運営する合弁会社「穴吹ライフサポート」を設立。
2019 オリックス株式会社が株式会社大京の全株式を取得(上場廃止)

歩み/歴史|大京より抜粋

少し前置きが長くなってしまいましたが、このライオンズマンション武蔵新城第2ですが、どうやらワンルームマンション専用の分譲マンションのようです。

ライオンズマンション武蔵新城第2の売り情報

1件のみ売り情報があり、

5階 25.16㎡ 950万円

悪くないですね。

7万円/月で家賃を想定すると、8%弱の利回りになります。

それでは、せっかくなので先日紹介したモナークマンション武蔵新城第2と比較をしたいと思います。

モナークマンション武蔵新城第2の売り情報

4階 16.62㎡ 650万円

ライオンズマンション武蔵新城第2は、

5階 25.16㎡ 950万円

なので、大きな差はないですね。

単純に算数で計算すると、微妙にモナークマンションのほうが割安です。

溝の口、武蔵新城のエリア、中古ワンルームマンションの投資をするにもいい環境なのではないでしょうか。

引き続き、物件レポートを継続します。

ライター

RETOWN.NET川崎市高津区担当

こんにちはラーメン大好き池田さん(嘘!!!)です。 現在川崎市高津区北見方のとあるレオパレスに住んでいます。宅地建物取引士で、川崎市高津区で不動産開業準備中です。グルメリポートも好きなのと、スーパーとコンビニなどの料金比較も好きです。

おすすめ記事

人気の記事

カテゴリー